気になる腎臓病治療の現状|これからのヘルスケアプローチ

New Posts

腎臓病のリスク

人差し指を立てる医者

腎不全は急性腎不全と慢性腎不全があります。急性腎不全は機能を回復させる可能性はありますが、慢性腎不全は回復しません。腎臓病患者の大半は慢性腎不全です。腎臓病は悪化すると様々な合併症を引き起こします。腎臓病は重い病気ですが、生活習慣を改善するだけでも予防になります。

詳しく読む

腎臓病の予防

腎臓病とは

腎臓病とは腎機能の低下によって引き起こされる様々な症状の事です。腎臓病が進行すると腎不全となり、人工透析や移植手術を行わないと生きていけなくなります。腎臓病の日本人は全国で一千万人を超え、その予備軍を含めると膨大の数になると言われています。末期腎不全で人工透析を受けている人口も三十万人に達しており、まさに日本人の国民病なのです。 これほどまでに腎臓病が多い理由としては、自覚症状が現れにくい事が上げられます。多少の異変を感じ取ったとしても、それを腎臓病の初期症状と結びつける人は余りいません。また腎臓の病はある程度進行してしまうと腎機能の回復が見込めなくなります。腎臓病の発見が遅れ、腎不全と診察されるケースは珍しい光景ではありません。

メタボとの関連性

そんな腎臓病ですが、メタボリックシンドロームとの関連性が指摘されています。というのも、腎臓病の主な発病原因である悪しき生活習慣が、そのままメタボリックシンドロームの原因に当てはまるからです。つまり腎臓病の予防はメタボリックシンドロームの予防や改善と同じという訳です。 腎臓のケアや体脂肪率がが気になる方は、まずはアルコールとタバコを控えましょう。お酒に関しては飲まないのではなく、接収する量を調整するだけでも効果があります。喫煙は腎臓の機能を悪化させる事が確認されています。禁煙を頑張りましょう。 食事にも気を付けた方がいいかもしれません。塩分の高い食べ物を控え、栄養の高い野菜を積極的に摂取する事を心掛ければ、腎臓を含めた身体にも良い影響を与えるでしょう。 とどのつまり、健康を心掛ける事で腎臓病の予防ができるのです。

医者と看護師

PICK UP

腎臓の病気について

考え事をする男性

腎臓病の中でも、特に慢性腎不全では、腎臓の透析を行うことが必要になるので、引越しなどのときは事前に、病院の確保・行政窓口への相談を忘れてはいけません。長い期間、治療しないといけないので信頼できる病院を見つけておくことが、大切になります。

詳しく読む

身体の病気

悩む男性

夜間の尿意や倦怠感などの初期症状から始まる腎臓病は、重要な疾患でもあるために専門医からの治療が必要です。特に内科や腎臓科などでは専門医が常駐していることもあるために、事前に調べてから病院に行くことが良いと言われています。

詳しく読む